一般社団法人日本機械土工協会

 
ホーム > 登録機械土工基幹技能者講習 > 登録機械土工基幹技能者講習の概要
 
 

登録機械土工基幹技能者講習

 

登録機械土工基幹技能者講習の概要


1. 「登録機械土工基幹技能者講習」の位置づけ
本講習は、建設業法施行規則の一部を改正する省令(平成20年国土交通省令第3号)により、工事現場において基幹的な役割を担う基幹技能者を、新たに建設業法施行規則第18条の3第2項第2号に位置付け た講習で、協会が国土交通大臣の登録を受けて実施する登録講習制度です。
(注)建設業法施行規則(平成20年1月31日改正、平成20年4月1日施行)


2. 「登録基幹技能者」講習の意義

建設工事の品質・安全を確保し、生産性の向上を図るためには、「仕事の段取、取りまとめ」など現場作業の管理能力の充実・確保が重要な課題となっています。
特に、現場施工の実情に精通し、作業管理・調整能力を発揮することにより、現場の実態に応じた施工方法を技術者に提案・調整し、技術者に対しては適切な指導・統率を行う現場の要としての役割を担う「登 録機械土工基幹技能者」の確保・育成・活用が必要とされています。

 
3. 「登録機械土工基幹技能者講習」の登録
協会は7月、基幹技能者講習事務の登録の申請を行い、国土交通大臣から平成20年9月17日付け登録 基幹技能者講習の実施機関として登録を許可され、10月1日から講習事務開始の許可を受けました。    
(国土交通大臣登録基幹技能者講習登録番号9)


4. 講習の種類と受講申込者
本登録は、登録講習(受講対象者は新規の受講者-受講期間3日間:講義・試験)があり、建設業の種類として、とび・土工工事業又は土木工事業を選択できます。

5. 講習修了書の交付と登録機械土工基幹技能者資格の取得
4. 登録講習の受講修了者に対し、協会から「登録機械土工基幹技能者講習修了証」(以下「講習修了証」)を交付することにより「登録機械土工基幹技能者」資格を取得します。
なお、講習修了証の有効期間は、5年で別途更新講習等を行います。

また、資格取得後に所属先企業、住所等の申込書記載事項に変更があった場合は、必ず事務局へお問合せください。


6. 登録機械土工基幹技能者資格の効果
講習修了者が、建設業の経営事項審査を受ける場合、技術力(z)評点3点が付与されます。


 
Copyright(C)2000,Japan Earth Moving Constructors Association